お風呂で便秘は解消できますか?

お風呂で美肌げっと!TOP > お風呂美容法Q&A > お風呂で便秘はよくなる?
便秘を解消することが本当のデトックス

「お風呂で汗をたくさんかくと毒素や老廃物もたくさん排出できる」という話がすでに大嘘だということはお話したとおり。 毒素や老廃物は尿や便という形で排出されるのが基本なので、便秘を解消することが本当の意味でデトックスになります。

お風呂の温熱作用で臓器を温めて、血行をよくすれば、腸の蠕動運動を活性化して便秘解消にもプラスに働くのは間違いないです。

腸の働きが鈍るのは冷えのせい

お風呂に入って腸内活性化!

男性に比べると女性の便秘持ちは非常に多いです。

女性ホルモンの影響、筋力不足、運動不足、食物繊維の不足etc...いろいろ原因はあると思いますが、お風呂が便秘に対して働きかけることができるのは、 腸を温めて腸の本来の働きができるようにサポートしてあげることだけです。

腸の働きが鈍くなる理由はいろいろあるんですが、冷えもそのうちに1つです。最近は平熱が36℃を下回る低体温の人が増えてきているようですが、 人間の細胞や組織、臓器というのは36~38度といった体温のときに一番活性化するので、体温が低ければ当然、動きは悪くなります。

体温が低い状態では、腸内細菌の動きも、腸の蠕動運動も弱いままなので、食物繊維やオリゴ糖や乳酸菌を食べても思ったような効果はでてきません。 冷えや低体温の自覚があるなら、まずはそちらを先に改善したほうがいいってことですね。

腸の動きを活性化させるには、40度のお湯に全身浴で20分程度入るようにします。腸の温度を高めるのと同時にお腹を指や手のひらで押してあげてマッサージするとさらに効果的です。

便秘といえばテレビや数々の著作でおなじみの順天堂大学医学部の小林弘幸教授などは、「自律神経の乱れが便秘に影響している場合が多い」とおっしゃっていますよね。 腸内環境をどうにか良くしようと思っているのに効果が出ない場合は特にその可能性があるそうなんです。

じゃ、どうやって自律神経を整えるの?というとお風呂ですよね。40度のお湯に全身浴で20分という入浴法は副交感神経を優位にする入浴法でもあるので、ストレスや自律神経の乱れによる便秘にも効果的なはずです。

腸を温めて、腸を活性化して、なおかつ自律神経も整えてくれるのがお風呂の効能ですから、 食べ物による腸内環境の改善と並行して、お風呂による腸活も行うと便秘解消に効果的だと思います。

便秘の時は炭酸水で水分補給する。

ストレス、そして冷えによって腸の動きが悪くなると便秘になるので、湯船にしっかり使って腸を温めるのと同時に副交感神経を優位にして、 自律神経を調整するということが便秘解消には有効だということはお話しました。

これにさらに加えてほしいのが、、

① 腸もみ
② 炭酸水での水分補給
③ 炭酸ガス系の入浴剤

ここでは、「② 炭酸水での水分補給」だけ紹介しておきますが、なぜ便秘に炭酸水がいいのか?腸に適度な刺激を与えて蠕動運動を促進してくれるからなんですね。 できれば硬水の炭酸水が理想なんですが、その理由はマグネシウムが含有されているからです。

マグネシウムは穏やかな効き目の便秘薬にも利用されているぐらいですから便通を良くする効果があります。マグネシウムと炭酸の刺激で腸を動かすことができるので、 どうせ水分補給するなら便秘のときは炭酸水がいいわけです。

ちょっとした小技ですが、知っておくといいかと思い、紹介させてもらいました。

腸内環境をよくすることは美と健康の最優先事項!

汗ではなく便を出すのがデトックス

便秘は肌や身体に悪いです。すみやかに排出すべき毒素と老廃物が体内に留まっているわけですから、留まっている期間が長ければ長いほど、 肌や身体にとって悪い影響がでてくるのは避けられません。

  • 肌荒れ
  • 代謝の低下
  • 老化の促進
  • 体臭
  • 口臭
  • 免疫力の低下

便として排出するはずだった毒素が再び腸から再吸収されて血液を通じて全身の細胞に行き渡るといいますから、そりゃー肌も荒れるし、口臭や体臭がキツくなるわけです。 というかその程度ですめば症状としては軽いほうでしょう。

腹痛、慢性的な不快感、ガンなどの病気etc...汗をかいてデトックスなんていっているのが恥ずかしいぐらい、肌や身体への影響が違います。 薬を使ってでも便は出さないといけないわけといわれるのも納得です。

ちなみにですが、腸内環境をよくするためには乳酸菌と食物繊維どっちを摂取したほうがいいと思いますか?正解はどっちも大切なんですが、 どっちかといわれたら食物繊維になります。理由は外部から摂取した乳酸菌は定着しないからです。

大人の場合は、今ある腸内細菌を活かしたほうがいいので腸内細菌のエサになる食物繊維(水溶性)を摂取したほうがいいという話なんです。 以上、ちょっとした豆知識でした。

「お風呂で便秘はよくなる?」のまとめ
  • お風呂で腸を温めれば、腸の動きを活性化できる!
  • 自律神経の乱れによる便秘にも効果あり!
  • 水分補給は炭酸水を行うとさらに効果的!!
  • 腸内環境をよくするには食物繊維(水溶性)を摂取する!

お湯に浸かって腸を温めることは腸内細菌の活性化においてもすごく重要なことです。 これまでいろいろと食べてきたけれど、いまいち便秘解消の効果がなかったという人は「腸を温める」ことを意識してみましょう。